注目レース情報

第27回クラスターカップJpnIII

盛岡競馬場 ダ 1200メートル2022/8/16(火) 9R 16:40発走

レースについて

○歴史

 クラスターカップは1996年、新盛岡競馬場=OROパーク開設を記念して創設された。

 当時、ダート短距離のレース体系は確立されていなかったが、徐々に整備。2001年にJBCスプリント(JpnⅠ)が創設され、ついにレース体系が確立。地方開催では東京スプリント(JpnⅢ)→北海道スプリントカップ(JpnⅢ)→クラスターカップorサマーチャンピオン(JpnⅢ)→東京盃(JpnⅡ)→JBCスプリントがダートスプリントの既定路線となった。

 それを裏付けるようにクラスターCを優勝し、後にJBCスプリントを制した競走馬はノボジャック(第1回JBC)を皮切りに、サウスヴィグラス、サマーウインド、タイセイレジェンド、ダノンレジェンド、ブルドッグボスの6頭。また一昨年のヤマニンアンプリメはJBCレディスクラシックを優勝した(バンブーエールはJBCスプリントを勝った後、クラスターCも優勝)。

 また歴代優勝馬からノボジャック、サウスヴィグラス、バンブーエール、タイセイレジェンド、ダノンレジェンド、ブルドッグボス、マテラスカイが種牡馬入りを果たした。

 今年のJBCは盛岡&門別が舞台。JBCスプリントと同じ盛岡ダート1200mで行われるクラスターカップは、例年以上に直結する一戦となった。

昨年優勝馬 リュウノユキナ号

コースの特徴

○ダート1200m

基本的に逃げ・先行馬に有利な条件。理想的なのはやはり先行集団につけることができるスピードがあり、なおかつ最後の直線での伸び脚もある“先行差し” タイプだ。イメージはクラスターカップの展開で、ハイペースでも好位を追走しつつ上がり3ハロン34秒台~35秒台前半の切れを発揮できるような馬が理想的な存在。上位クラスほどスピード+αが要求される舞台だと言える。

盛岡競馬場コース図

データ分析

王道は北海道SC、そして東京スプリント

2021年
1着 リュウノユキナ 北海道SC②←東京スプリント①
2着 サイクロトロン 東京スプリント⑧←千葉S⑨
3着 ヒロシゲゴールド 東京スプリント←千葉S⑤
2020年
1着 マテラスカイ 北海道SC②←サウジアC②
2着 ヒロシゲゴールド 京葉S①←すばるS⑬
3着 ブルドッグボス 浦和スプリントOP①←さきたま杯②
2019年
1着 ヤマニンアンプリメ 北海道SC①←かきつばた記念②
2着 ヒロシゲゴールド 天王山S⑨←東京スプリント③
3着 コパノキッキング 東京スプリント②←フェブラリーS⑤
2018年
1着 オウケンビリーヴ パーキングLC②←天王山S⑦
2着 ネロ きたま杯⑧←東京スプリント③
3着 ラブバレット 栗駒賞①←北海道SC②
2017年
1着 ブルドッグボス 習志野きらっとS③←天王山S⑤
2着 ラブバレット 岩鷲賞①←栗駒賞①
3着 サイタスリーレット 栗東S①←陽春S①
2016年
1着 ダノンレジェンド 北海道SC①←東京スプリント③
2着 ブルドッグボス かきつばた記念②←東京スプリント④
3着 ラブバレット 岩鷲賞①←栗駒賞①
2015年
1着 ダノンレジェンド 北海道SC③←東京スプリント①
2着 ポアゾンブラック門別スプリント①←北海道SC②
3着 ラブバレット 岩鷲賞②←さきたま杯④
2014年
1着 サマリーズ プロキオンS⑬←三宮S①
2着 スイートジュエリー CBC賞⑬←韋駄天S⑪
3着 シルクフォーチュン プロキオンS⑧←高松宮記念⑩
2013年
1着 ラブミーチャン 習志野きらっとS①←名古屋でら馬S①
2着 タイセイレジェンド ドバイゴールデンシャヒーン⑫←フェブラリーS⑭
3着 ノーザンリバー バーデンバーデンC⑥←深草S①
2012年
1着 タイセイレジェンド 北海道SC②←欅S⑦
2着 セレスハント プロキオンS⑨←北海道SC①
3着 アイルラヴァゲイン アイビスサマーD⑧←バーデンバーデンC⑤

 過去10年で北海道スプリントカップ出走→クラスターC優勝は6頭。さらに3年連続で制覇し、ダートスプリント路線の王道といっていいだろう。もう一つ重要な路線は東京スプリント。昨年の1着馬から3着馬まで上位3頭が東京スプリントを使った。1着リュウノユキナは北海道SC2着を経て優勝。2着サイクロトロン、3着ヒロシゲゴールドは東京スプリントから直行。ダート短距離路線が定着したことを証明した。

昨年は美浦所属馬が16年ぶりに優勝!

過去10年の所属先(左から2021年→2012年)

1着 東・西・西・西・浦・西・西・西・笠・西
2着 西・西・西・西・岩・西・北・西・西・西
3着 西・浦・西・岩・西・岩・岩・西・西・東

2011年~1996年

1着 西・西・西・船・西・西・東・西・東・東・西・名・東・西・西・西

*西=栗東、東=美浦、岩=岩手、北=北海道、浦=浦和、笠=笠松、船=船橋、名=名古屋

 昨年、美浦所属馬のリュウノユキナが優勝。2005年、エンゲルグレーセ以来、16年ぶりに美浦所属馬が制した。この勝利で美浦所属馬は通算5度優勝しているが、西=JRA栗東所属馬の活躍ぶりが際立っている。過去10年で7度優勝し、全26回でも17回優勝と圧倒的優位に立っている。

 また地方所属馬も健闘している。第22回(2017年)、浦和・ブルドッグボスが優勝して2着に岩手・ラブバレットとワンツーフィニッシュを決め、第18回(2013年)は笠松・ラブミーチャンが優勝。一昨年もブルドッグボスが3着を確保した。

優勝馬は4番人気以内

1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5回 1回 2回 50% 60% 80%
2番人気 2回 2回 2回 20% 40% 60%
3番人気 1回 4回 1回 10% 50% 60%
4番人気 2回 1回 2回 20% 30% 60%
5番人気 0回 2回 1回 0% 20% 30%
6人気以下 0回 0回 2回      

 優勝馬は必ず4番人気以内。その4番人気で優勝したのは2014年のJRAサマリーズ、2017年、浦和代表で優勝したブルドッグボスの2頭。後者の場合、昨年のJBCスプリントを制したことを考えれば評価が低かったかもしれない。

 過去10年の1番人気の結果は2020年からさかのぼって

 ①①③④③②①④①①

 2019年から2016年まで1番人気の優勝はなかったが、昨年リュウノユキナ、一昨年マテラスカイが1番人気で優勝。過去10年で優勝5回に加え、すべて4着以内を確保している点もつけ加えておきたい。

 またひまわり賞が2年前、2000mから1800m短縮の影響は少なくない。スタート地点はゴール手前200m。1コーナーまでの入りが早くなった分、ペースが落ち着き、将来的に先行有利になる可能性が高い。

5歳世代が5度優勝、6歳世代が4度優勝

1着 2着 3着
4歳 1回 3回 3回
5歳 5回 2回 2回
6歳 4回 3回 1回
7歳 0回 2回 1回
8歳 0回 0回 2回
9歳 0回 0回 0回
10歳 0回 0回 1回

 世代別優勝馬で特出しているのは5歳世代の優勝5回。ほかに2着3回3着3回。続いて6歳馬は優勝4回2着3回。4歳馬は2014年のサマリーズ1頭だった。5、6歳馬の活躍は芝からダート変更して素質を開花させるケース、3歳レースにダート短距離戦が少ないことなどが考えられるが、一番は経験値がモノを言うからだろう。

 今年、3歳馬リメイクが出走予定だが、仮に優勝すれば第1回トキオクラフティー以来、クラスターカップ2度目の3歳制覇の快挙となる。動向に注目してみたい。

ミスプロ系の3連覇なるか!?

優勝
2021年 リュウノユキナ 父ヴァーミリアン(ミスプロ系)
2020年 マテラスカイ 父スパイツタウン(ミスプロ系)
2019年 ヤマニンアンプリメ 父シニスターミニスター(APインディ系)
2018年 オウケンビリーヴ 父クロフネ(ノーザンダンサー系)
2017年 ブルドッグボス 父ダイワメジャー(SS系)
2016年 ダノンレジェンド 父マッチョウノ(ホーリーブル系)
2015年 ダノンレジェンド 同上
2014年 サマリーズ 父ハードスパン(ノーザンダンサー系)
2013年 ラブミーチャン 父サウスヴィグラス(ミスプロ系)
2012年 タイセイレジェンド 父キングカメハメハ(ミスプロ系)
2011年 ドスライス 父スパイツタウン(ミスプロ系)
2010年 サマーウインド 父タイキシャトル(ヘイロー系)
2009年 バンブーエール 父アフリート(ミスプロ系)
2008年 プライドキム 父アフリート(ミスプロ系)
2007年 メイショウバトラー 父メイショウホムラ(ネヴァーベンド系)
2006年 アグネスジェダイ 父アグネスワールド(ノーザンダンサー系)
2005年 エンゲルグレーセ 父プラウドデボネア(ノーザンダンサー系)
2004年 シャドウスケイプ 父フォーティナイナー(ミスプロ系)
2003年 ディバインシルバー 父シルバーデピュティ(ノーザンダンサー系)
2002年 サウスヴィグラス 父エンドスウィープ(ミスプロ系)
2001年 ノボジャック 父フレンチデピュティ(ノーザンダンサー系)
2000年 ゴールデンチェリー 父クラフティプロスペクター(ミスプロ系)
1999年 アブクマレディー 父ホスピタリティ(テューダーミンストレル系)
1998年 ファーストアロー 父エブロス(ミスプロ系)
1997年 トシヴォイス 父シルヴァーヴォイス(ノーザンダンサー系)
1996年 トキオクラフティー 父クラフティプロスペクター(ミスプロ系)

 一昨年はミスプロ系マテラスカイが優勝。7年ぶりにミスプロ系優勝をもたらしたが、昨年もミスプロ系ヴァーミリアン産駒リュウノユキナが優勝した。さすがダート短距離での強さは特筆もの。過去10年で4頭の優勝馬を出しているだけではなく、過去26回でミスプロ系の優勝は12頭。対してSS(サンデーサイレンス)系は2017年のブルドッグボスの1頭のみ。広義でヘイロー系はサマーウインドが優勝しているが、マーキュリーカップとは正反対の結果というのも興味深い。そして近年、ダート界で多くの活躍馬を出しているAPインディ系。今年を制すれば史上2頭目のAPインディ系の優勝となる。

有力馬紹介

ダンシングプリンス

牡6歳

父パドトロワ(ミスプロ系)

 デビュー戦は競走除外だったが、2戦目2着。初勝利を狙った3戦目だったが、1勝クラスで11着。デビューが3歳8月まで遅れたため、南関東・船橋へ移籍。ダート戦は未経験だったが、あっさり3連勝をマークしてJRAへ復帰。ダート短距離で逃げ切り3連勝。通算6連勝を飾り、一気にオープン入りを果たした。初戦のGⅢ・カペラステークスは3着。続く大和ステークスも6着に終わったが、見事に軌道修正。京葉ステークスを皮切りにカペラS、リヤドダートスプリント(サウジアラビアGⅢ)、北海道SCと現在4連勝中。ダート短距離界の主役に躍り出た。狙うのは今年盛岡で行われるJBCスプリント。コース経験も兼ねての参戦だろうが、いまやダート短距離界に敵なし。

リメイク

牡3歳

父ラニ(APインディ系)

 父ラニはダート2連勝からUAEダービー(ドバイ)を優勝。アメリカ三冠全てに挑戦してベルモントステークス3着。母サリエルは芝1勝、ダート1200m3勝で準オープンへ在籍した実力牝馬。以上の血統背景からデビュー戦の中京ダート1400mを1秒3差で圧勝。続く2戦は5、3着に終わったが、4戦目からダート1400mを舞台に破竹の3連勝。GⅢ・ユニコーンステークスで1番人気に支持されたが、スタートで出遅れ。それでも持ち直して中団を追走し、直線で外から伸びてきたが、イン強襲に遭って6着。しかし0秒2差なら評価ダウンにはまったくならない。仮に3歳馬が優勝すれば第1回トキオクラフティー以来、26年ぶり史上2頭目の快挙。51キロの負担重量も味方に先輩たちを一蹴する。

リュウノユキナ

牡7歳

父ヴァーミリアン(ミスプロ系)

 北海道2勝からJRA札幌・すずらん賞(芝1200m)へ挑戦して快勝。その年の12月にJRA入りし、当初は芝路線を歩んだが、5着1回が最高でダートへシフト。初戦を快勝後は凡走もありながら、5歳1月に3勝クラスを卒業した。本格化を迎えたのは昨年6歳。3連勝をマークし、東京スプリントを優勝。重賞初制覇を果たし、北海道スプリントカップ2着からクラスターカップをイン強襲で完勝。重賞2つめを手にした。以降は白星こそないが、2着4回、JBCスプリント5着。前走・北海道SCは3着だったが、ダンシングプリンスに直線で食らいついた。ゲンのいい盛岡で2連覇を狙う。

ジャスティン

牡6歳

父オルフェーヴル(SS系)

 3歳5月まで芝路線を歩んで2勝。9月からダート路線へ変更して3勝をあげて東京スプリントに出走。重賞初挑戦で制覇し、一戦置いて東京盃(JpnⅡ)を快勝。そしてJBCスプリント8着からカペラS(GⅢ)で重賞3勝目を飾った。翌春は海外へ遠征。リヤドダートスプリント8着、ドバイゴールデンシャヒーン11着に終わって帰郷すると以降はスランプ。最高4着止まりだったが、前回・大和Sを快勝。一昨年12月以来の勝利を飾り、ようやく復活を果たした。今回は半年ぶりの実戦、58キロの酷量を背負うが、克服する素地は十分。

オーロラテソーロ

牡5歳

父マリブムーン(APインディ系)

 デビュー4戦は芝を使って3着2回。5戦目に東京ダート1400m戦で初勝利をあげ、昨年12月、3勝クラスを完勝してオープン入り。GⅢ・根岸Sは14着に完敗したが、以降は3、2、1着。実戦を使われながらオープン通用するまで地力を強化した。重賞挑戦2度目で大魚を手にするか。