注目レース情報

第50回一條記念みちのく大賞典M1

水沢競馬場 ダ 2000メートル2022/6/19(日) 11R 18:15発走

レースについて

○歴史

 みちのく大賞典は1973年に創設。今年は半世紀、区切りの50回目を迎える。岩手古馬の最高峰レースに君臨し、優勝馬の名前は盛岡、水沢などを往来する馬運車に刻まれる。

 さすが最高峰レースにふさわしく、連覇(3連覇)した競走馬は岩手競馬史に残る強豪ばかり。第7、8回スリーパレード、第18、19回スイフトセイダイ、第19、20回グレートホープ(第19回は1着同着)、第22、23回モリユウプリンス、第26、27、28回メイセイオペラ(3連覇)、第32、33回トニージェント、そして昨年はエンパイアペガサスが第45回、46回に続いて3度目制覇。メイセイオペラ以来、史上2頭目の偉業を達成し、みちのく大賞典に新たな歴史を加えた。

 さらに岩手デビュー馬で初の1億円馬となったトウケイフリート、その弟であり、“岩手競馬最強馬”トウケイニセイ、ナムラタイタンらが歴代優勝馬に名前を連ね、まさに岩手競馬史そのもの。

 また日本の馬産界に多大な功績を残した一條牧夫、友吉親子の名前を後世に残すため、2006年からレース名称を一條記念みちのく大賞典とした。

 過去10年の舞台は2012年~2015年は水沢、2016年は盛岡、2017年~2021年は水沢競馬場。

昨年優勝馬 エンパイアペガサス号

コースの特徴

○ダート2000m

2コーナー直後からスタートして先行争いは向こう正面一杯を使うが、流れは意外に落ち着きやすい。過去5年間では6番の勝率が22.2%で最高。一方で最内の1番・大外の12番は0勝と不振。また過去5年間で1番人気は勝率55.6%・連対率83.3%。5番人気以下からの優勝はなく、人気上位、特に1番人気~3番人気が強い。今季もこの距離を使用するのは3つのM1重賞のみ。いずれも頂点競走でもあり、人気上位馬が強い傾向は変わりないだろう。

水沢競馬場コース図

データ分析

1番人気5勝、2番人気1勝、3番人気3勝

1着 2着 3着 単勝率 連対率 複勝率
1番人気 5回 0回 2回 50% 50% 70%
2番人気 1回 2回 2回 10% 30% 50%
3番人気 3回 3回 1回 30% 60% 70%
4番人気 0回 2回 0回 0% 20% 20%
5番人気 0回 1回 0回 0% 10% 10%
6人気以下 1回 2回 5回      

 1番人気の優勝は昨年からさかのぼってエンパイアペガサス、ランガディア、エンパイアペガサス、エンパイアペガサス、ナムラタイタンの5頭。2番人気はコミュニティの1頭。3番人気はハドソンホーネット、ミラクルフラワー、トーホクキングの3頭。1番人気の勝率5割は信頼度の高さ。ただ、2番人気1回に対し、3番人気の優勝は3頭と上回っている。

 実は1番人気→2番人気、2番人気→1番人気でワンツーが決まったのは過去10年で一度もなし。1番人気→2番人気で決まったのはデータ外となった2010年、マルヨフェニックス(1番人気)、キングスゾーン(2番人気)までさかのぼらなければならない。しかも当時は交流戦。1番人気、2番人気の本線は若干、疑いを持った方がいいかもしれない。両雄、並び立たずということか。

 1着の優勝条件は3番人気以内だが、一度の例外が2013年。1着コスモフィナンシェ→2着トーホクキング(7番人気)→トーホクアロー(10番人気)と入り、単勝1390円、馬複1万3940円、馬単3万5200円、そして3連単83万560円の超ド級の万馬券が飛び出し、3連単はみちのく大賞典の最高配当。

 過去にもブラーボウッズ(4番人気)、シネマパラダイス(8番人気)が優勝し、高配当が出たことがあったが、基本は上位人気の組み合わせが無難だろう。

5歳馬優勝4回、4歳馬3回

1着 2着 3着
4歳 3回 1回 2回
5歳 4回 1回 1回
6歳 1回 1回 4回
7歳 0回 3回 3回
8歳 2回 3回 0回
9歳 0回 1回 0回

 5歳馬の優勝はハドソンホーネット(レコード)、エンパイアペガサス、コミュニティ、トーホクキングの4頭。5歳馬は競走馬の円熟期と言われ、心身ともに完成する時期と重なるため納得の結果。

 また4歳馬は過去10年でエンパイアペガサス、ミラクルフラワー、コスモフィナンシェの3頭が優勝しているが、みちのく大賞典49回の歴史では稀なケース。第3回カネヒエイが4歳馬初優勝を果たし、以降はスイフトセイダイ、テンショウボスのみ。つまり第1回から昨年48回まで4歳馬の優勝は計6頭。近10年では突出しているが、総合的には4歳馬の優勝ハードルは相当高いと見ていい。

 一方、6歳以上も十分にチャンスはある。昨年もエンパイアペガサスが2013年、ナムラタイタン以来の8歳優勝を果たした。

 過去10年では5歳優勝4回、4歳優勝3回と数字的にはリードしているが、年齢にはあまりこだわらない方がいいかもしれない。

過去10年はミスプロ系がリード

2021年 エンパイアペガサス 父エンパイアメーカー(ミスプロ系)
2020年 ランガディア 父キングカメハメハ(ミスプロ系)
2019年 ハドソンホーネット 父ロージズインメイ(ヘイロー系)
2018年 エンパイアペガサス 父エンパイアメーカー(ミスプロ系)
2017年 エンパイアペガサス 父エンパイアメーカー(ミスプロ系)
2016年 ミラクルフラワー 父プリサイスエンド(ミスプロ系)
2015年 コミュニティ 父ブライアンズタイム(ロベルト系)
2014年 ナムラタイタン 父サイスヴィグラス(ミスプロ系)
2013年 コスモフィナンシェ 父ゴールドアリュール(SS系)
2012年 トーホクキング 父キングリファール(ブラッシンググルーム系)

 さすがダート競馬でミスプロ(ミスタープロスペクター)系は強さを発揮。エンパイアペガサス3度優勝を含め、計6頭の優勝馬が出ている。対してSS(サンデーサイレンス)系は2頭と劣勢ムードだが、広義で言えばSSはヘイルトゥリーズン系。そうなるとハドソンホーネット、コミュニティもヘイルトゥリーズン系。決して劣勢ではない。2000mが舞台ならSS系にも十分出番はある。

トライアル・あすなろ賞との連動性は?

あすなろ賞優勝 みちのく大賞典
2021年 チャイヤプーン →3着
2020年 パンプキンズ →5着
2019年 ハドソンホーネット →1着
2018年 グランウブロ →3着
2017年 エンパイアペガサス →1着
2016年 コミュニティ →4着
2015年 コミュニティ →1着
2014年 コウギョウデジタル →不出走
2013年 ザドライブ →5着
2012年 オウシュウサンクス →5着

 あすなろ賞1着馬は<3.0.2.4>。評価は分かれるところだが、過去10回で3頭の優勝馬は好データと判断したい。また一昨年はあすなろ賞→一條記念みちのく大賞典は中1週のローテーションだったが、昨年から中4週のローテーションに戻った。

 加えてあすなろ賞は一貫して盛岡が舞台だったが、昨年から水沢1900mで実施。本番は2000mで行われ、ほぼ同じ条件。チャイヤプーンも3着だったことを考えれば、より直結するトライアルになる可能性が高い。

有力馬紹介

マイネルアストリア

牡5歳 父ハードスパン(ノーザンダンサー系)

板垣吉則きゅう舎・水沢

 デビュー3戦目、新潟ダート1800mで初勝利をあげ、JpnⅢ・北海道2歳優駿5着。その後は伸びを欠いていたが、3歳10月、船橋の条件交流で2勝目をマーク。翌年は盛岡で行われた東京カップけやき賞で逃げ切りを決めた。条件はいずれもダート1800m戦だった。3勝クラスでは3戦とも二けた着順に終わり、今年4月に岩手入り。初戦の赤松杯を快勝し、シアンモア記念5着からトライアル・あすなろ賞を0秒9差で圧勝。重賞2勝目を手にした。

 赤松杯は1600mが舞台だったが、あすなろ賞(1900m)のようなゆったりと流れる中距離以上がベスト。今回の2000mを最も歓迎するのがマイネルアストリアと見て間違いない。

ヴァケーション

牡5歳 エスポワールシチー(サンデーサイレンス=SS系)

畠山信一きゅう舎・水沢

 デビュー2連勝から一戦置いて重賞・平和賞を優勝。続いて全日本2歳優駿に駒を進めて快勝。父エスポワールシチーに初JpnⅠをプレゼントした。その後は交流・秋の鞍(名古屋)1勝のみにとどまり、自問自答の日々を送って昨年8月、スパーキングサマーカップ11着から休養。岩手へ新天地を求めてきた。

 初戦の赤松杯は休養明けの影響もあってプラス16キロ。勝負どころの3コーナーで置かれてしまったが、直線で盛り返して0秒1差2着。敗れはしたが、収穫の多い一戦となった。続いてシアンモア記念に登場。4番人気に甘んじたが、コーナーでもたつかず直線で鮮やかな抜け出しを決めて優勝。実に1年6ヵ月ぶりの美酒を味わい、復活の雄たけびを上げた。

 シアンモア記念からみちのく大賞典直行は当初の予定どおり。あとは2000m対応がネック。過去に川崎2000mで3着1回あるが、勝ち星はすべて1600m以下。距離克服が最大テーマといえるだろう。

ステイオンザトップ

牡8歳 父ステイゴールド(SS系)

小林俊彦きゅう舎・水沢

 姉は阪神JF(GⅠ)を制し、最優秀2歳牝馬に選ばれたローブティサージュ。デビュー6戦まで芝を使って3着2回にとどまったが、7戦目の札幌ダート1700mで初勝利をマーク。翌年7月、再び芝に戻って2勝を積み上げ、3勝クラスに在籍した。岩手初戦は4歳3月以来、久々のダート戦だったが、豪快なまくりを決めて圧勝。能力の違いを見せつけた。芝ではマイル以下がメインだったが、ダートは1800mも経験済み。一躍、注目の1頭に浮上した。

グランコージー

牡5歳 父ベルシャザール(ミスプロ系)

櫻田康二きゅう舎・盛岡

 2歳時、6戦5勝の成績で2歳最優秀馬の座を獲得。一度、南関東へ移籍してクラウンカップ(川崎)6着から里帰り。岩手一冠目・ダイヤモンドカップへ名乗りをあげ、9馬身差で圧勝。1番人気フレッチャビアンカに影をも踏ませなかった。しかし二冠目・東北優駿、不来方賞、ダービーグランプリはフレッチャビアンカの4、3、3着。主役を奪われてしまった。翌年4月、水沢A級戦を取り消し後、南関東へ移籍。半年の休養明け2戦は6、11着だったが、3戦目から連勝。続く一戦5着から再転入し、シアンモア記念へ挑戦。逃げ粘って0秒1差2着に惜敗した。こちらも2000mがカギを握るが、3歳時から比べて20キロ強の馬体増。一回り大きくなり、パワーもアップ。マイペースに持ち込めれば怖い存在となる。

マコトガラハッド

セン9歳 父スズカマンボ(SS系)

板垣吉則きゅう舎・水沢

 中央1戦0勝から名古屋2勝後、中央へ復帰。芝2600mで3勝をマークして2018年、GⅡ・アルゼンチン共和国杯3着。その後、金沢2勝、南関東0勝から岩手入り。あすなろ賞4着、A級戦3着と詰めが甘い印象だが、それならば2000m延長は望むところ。

ゴールデンヒーラー

牝4歳 父タートルボウル(ノーザンダンサー系)

佐藤祐司きゅう舎(水沢)

 昨年は牡馬三冠に挑戦して2、4、2着。ほかにひまわり賞(オークス)、やまびこ賞と重賞2勝をマーク。牡馬とも互角以上の勝負を演じる強豪牝馬。今シーズンは3月末から始動。リリーモントルーを相手に1秒3差で圧勝し、満を持してシアンモア記念に登場。2番人気に支持され、4角で早め先頭に立ったが、最後伸びを欠いて3着。血統的に2000m向きとは言えないが、成長を続ける4歳馬。若さで牡馬を一蹴するか。