岩手競馬予想の達人

12R 鳳仙花特別
A級三組、別定
ダ 1600m(右回り) 発走 18:20
馬名 重量 騎手
松尾 古川 よこ
てん
古谷 岩馬
るべ
1 1 レールガン 56  高橋悠
2 2 ルチルクォーツ 54  菅原辰          
3 3 ツーエムアリエス 56  小林凌      
4 4 ラムセスバローズ 56  阿部英          
5 5 サンエイロード 56  山本聡  
6 6 ムゲンノカノウセイ 56  岩本怜
7 7 アドマイヤホルン 54  山本政          
8 メイショウメイスイ 56  坂口裕
8 9 ヤマショウブラック 56  関本淳  
10 ユノートルベル 54  木村暁        
松尾 3連単 16点
1着 9
2着 1.3.6.8
3着 1.3.5.6.8
(次位混戦=B)
赤松杯3着、シアンモア記念4着⑨ヤマショウブラックは相手有利が明白。展開に注文つくが、破壊力一目①レールガン、前回は差し競馬に転じて快勝⑧メイショウメイスイは逆転の可能性も十分。堅実な差し脚が武器⑥ムゲンノカノウセイ、先陣粘る③ツーエムアリエス、先行策で⑤サンエイロードも軽視できない
買い目
1-9
8-9
6-9
3-9
場内実況 古川
買い目
5-8
1-8
6-8
テシオ編集部 よこてん (9)ヤマショウブラックが復活Vを狙う。今季の3着・4着はいずれも重賞でのもの、優勝圏内からは少し離れているものの存在感たっぷりの走りには復調気配がはっきりとうかがえる。展開に注文がつくタイプなのは確かとしてもそろそろ白星を手にしておかしくない頃合い。もちろん(8)メイショウメイスイも相手なりに戦える手堅さは争覇圏にあると見るべき。気温が上がって調子もあがってきた(6)ムゲンノカノウセイも軽視できなくなっている。(1)は水沢だとどうしてもいろいろ注文がついてしまうが末脚活きる展開になればの怖さには警戒。(5)も気持ちよく戦えれば成績一変。

3連単フォーメーション
8,9→6,8,9→1,5,6,8,9
古谷剛彦 3連単フォーメーション
9⇔8,10,5→8,10,5,6,1(18点)
5月23日に行われた陽光特別の再戦に、重賞挑戦の実績馬が加わった図式。戦ってきた相手と、赤松杯での走破時計を考えると、ヤマショウブラックが一歩リードか。ただ、差し脚質なので、前にいる馬たちの逆転は十分可能。その筆頭格は、前走快勝のメイショウメイスイ。自己条件なら好位でレースができるユノートルベルも侮れない。
買い目
8-9
9-10
5-9
6-9
岩馬るべ!東北プロジェクト 人気は重賞でも好走したヤマショウブラックが集めそうですが、差しタイプで届かないケースもあります。本命はメイショウメイスイ。転入後5戦4勝の高成績に加え、自在脚質が最大の武器。首位を奪回した前走が印象的でした。
馬単 8→9.1.3.6