岩手競馬予想の達人

9R OROターフ特別
一般、オープン、別定
芝 1700m(左回り) 発走 16:25
馬名 重量 騎手
松尾 古川 よこ
てん
古谷 岩馬
るべ
1 1 ピッツィカート 56  阿部英          
2 2 ナイトオブナイツ 57  高橋悠
3 3 マスターコード 56  村上忍
4 4 アーバンキッド 57  高松亮
5 5 アイロンワークス 56  山本聡    
6 ウインアライバル 56  坂口裕        
6 7 ウインリベロ 56  岩本怜      
8 アップクォーク 56  鈴木祐  
7 9 グランヴァニーユ 54  南郷家        
10 ブライティアセルバ 54  関本淳          
8 11 アドマイヤメジャー 56  山本政          
12 ウインルーカス 56  陶文峰      
松尾 3連単 12点
1着 4
2着 2.3.8
3着 2.3.7.8.12
(軸信頼=A)
障害を経て転入ながらOROカップでロードクエストに0秒1差まで肉薄④アーバンキッドが順当に勝利を手にする。芝で毎回好走を続ける②ナイトオブナイツ、流れに乗れなかった前走は度外視③マスターコード、前走5着で復調のメドが立った⑧アップクォークが相手。同条件1着⑦ウインリベロ、適性ある⑫押さえ
買い目
2-4
3-4
4-8
4-7
場内実況 古川
買い目
2-5
2-3
2-8
2-4
2-12
テシオ編集部 よこてん なかなかの好メンバーになったこのレース、本命は(4)アーバンキッドだ。前走は盲点になって見落としてしまったが直前の好調さをしっかり活かしたレースぶりは素直に高く評価したい。引き続き好調キープ、主立ったライバルがその前走と同様ということなら改めて主力視。(2)ナイトオブナイツは最後の詰めが少し甘いのが玉に瑕。しかしここなら前走などより強気で動けていい。大外枠がこたえた(3)マスターコードも前走の着順だけで軽視するのは禁物だ。
買い目
2-4
3-4
2-3
4-7
4-5
古谷剛彦 3連単フォーメーション
4⇔2,3→2,3,5,8,9(計16点)
OROカップで2着に差してきたアーバンキッド。JRA時にアーリントンC2着、ラジオNIKKEI賞3着などの実績があったとしても、5年前の話。しかも、障害帰りでの転入初戦で、狙い辛かったが、新天地で蘇った。マカヒキと同世代、まさに3歳時の実績馬が復調を示す走りは、何か因縁を感じる。格下の馬が大半のメンバーで、OROカップは決してフロックと捉えず、再度の好走を期待する。相手候補は、いしがきオープンの1,3着馬。
買い目
2-4
3-4
4-5
岩馬るべ!東北プロジェクト OROカップで惜しくも2着アーバンキッドが信頼の軸でしょう。3歳時、重賞で好走を続けたのはダテではなく、ロードクエストに0秒1差まで差を詰めました。ひと叩きされましたし、盛岡芝も2度目。勝利を飾る要因がそろいました。
馬単 4→2.8.6.3