岩手競馬予想の達人

 

10R フェアリーカップ
3歳上、オープン、牝、別定
ダ 1800m(左回り) 発走 17:10
馬名重量騎手
松尾古川よこてん古谷博田
11ピンギット54陶文峰  △   
22ハッピーサークル56岩本怜 ○ △ △ △ △
33ファイトウィン54阿部英 △ △   
44アーリーバード54山本政 ▲ ○ ○ △ ▲
55ノーブルアーレス53小林凌  ◎ △  
66リュイールスター54大坪慎 △   ○ △
77コスモパープル54菅原辰 △ ▲ ◎ ▲ ◎
88スターギア56鈴木祐 ◎  ▲ ◎ ○

 

松尾
3連単 18点
1着 2.8
2着 2.4.6.8
3着 2.3.4.6.8
(伏兵多し=B)
一貫してA級一組で戦ってきた⑧スターギア。牝馬同士なら負けられない。前走3着で通用のメド②ハッピーサークル、2戦は馬場が合わなかった④アーリーバード、上昇一途⑥リュイールスターが相手。再転入③、先陣粘る⑦押さえ
買い目
2-8
4-8
6-8
3-8
場内実況 古川
買い目
4-5
5-7
1-5
2-5
3-5
テシオ編集部 よこてん
ここまでの勢い十分(7)コスモパープルが中心。前走こそ馬場に泣かされた格好になったがそれ以前の走りはいずれも圧巻でこのメンバーに入っても格下感は全くない。負けて人気が下がるくらいならむしろ狙い目とも言えるだろう。(4)アーリーバードも元A級馬と戦った近走で負けたからといって悲観する事はない。その近走でも常に牝馬最先着だった点に注目。(8)スターギアはA級で互角に戦えているし距離も苦にしない。一方で意外に勝ち切れない事もありここは単穴評価としたい。あとは地力ある(5)、軽い馬場になればの(2)を穴っぽく。
買い目
4-7
7-8
5-7
4-8
2-7
古谷剛彦
3連単フォーメーション
8→6、7、2→6、7、2、4(計9点)
このメンバー唯一の重賞ウィナーとなるスターギアが一歩リード。距離に対する不安は、今季1800mを中心に使われ、メドを立てる走りを見せている点から心配なし。まして牝馬同士の準重賞なら克服可能と見る。対抗のリュイールスターは、芝向きなのは確かだが、前走のかきつばた賞で3着に健闘し、復調の兆しを見せた点から、牝馬同士ならダートでも
買い目
6-8
7-8
2-8
博田 伸樹
大混戦の組み合わせで◎を打ったのは(7)コスモパープル。春の盛岡開催でC1級を連勝した際の勝ちタイムは、ともに同一週の古馬A級戦とほぼ互角。元南関東B1級の地力を証明するに十分といえ、距離さえ持てば勝ち負け可能とみた。唯一の重賞勝ち馬(8)スターギアは、盛岡だと距離は長い気もするが、2走前の時計でアッサリの可能性は十分。力のある相手に揉まれて力をつけてきた(4)アーリーバードも不気味だ。
買い目
7-8
4-7
2-7
6-7

パドック情報